▲TOPへ戻る

院内設備

院内紹介

  • 受付
    【受付】
    シンプルでありながら、機能性を重視した受付。気軽にお声をかけてください。
  • 待合室
    【待合室】
    広く、ガラス張りで開放的な待合室。動物もヒトも安心して飲めるウォーターサーバーを設置。お手洗も広く綺麗で、動物と一緒に入れるように工夫しております。
  • 診察室
    【診察室】
    落ち着いていて何でも話し合える雰囲気の診察室。27インチiMACを壁に設置。検査データ、画像データを見ながら、飼い主様の納得のいく、わかりやすい説明を心がけています。
  • 手術室
    【手術室】
    去勢・避妊手術から難易度の高い手術まで幅広く手術を行っております。安心してお任せいただけるように、手術は1日1件のみとし、麻酔導入・手術・麻酔覚醒を1症例1症例時間をかけてしっかりと管理するように心がけています。
  • 検査室・処置室
    【検査室・処置室】
    多くの検査を院内でできるように必要な検査機器がそろっております(特殊検査を除く)
  • 集中管理室
    【集中管理室】
    重症の動物用の集中管理室3室を完備。徹底した入院管理を行います。
  • 犬舎
    【犬舎】
    犬舎11室を完備。徹底した入院管理を行います。
  • 猫舎
    【猫舎】
    猫舎8室を完備。徹底した入院管理を行います。
  • ウォーターサーバー
    【ウォーターサーバー】
    動物のからだの大半は水分でできており、動物の健康にとって水の役割はとても重要です。待合室のウォーターサーバーはタンク内をクリーンに保つためのクリーンエア、密閉型ワンウェイボトルなど、安全と衛生面へ細かく配慮されているため、診察の待ち時間の間の水分補給として安心してご利用いただけます。

医療機器・設備紹介

  • レントゲン
    【レントゲン】
    デジタルX線画像診断システムを導入。
    過去の画像データも一元管理できます。
  • 人工呼吸器
    【人工呼吸器】
    高性能人工呼吸器を導入。安全性の高い吸入麻酔薬を使用し、麻酔をうける動物への負担軽減にも配慮しております。
  • 超音波
    【超音波】
    超音波機器は検査系の中でも、とても重要な部分をしめており、その性能は検査に影響を及ぼします。本院は、全国の動物病院でもまだ2か所しか導入されていない最先端の超音波機器を導入しております。重症心疾患から腹部臓器疾患まで詳細検査を行えます。
  • 電子カルテ
    【電子カルテ】
    Ahmics・OsiriX・DICOMとカルテと検査結果の電子化をはかり、飼い主様へ視覚的に情報開示することで、わかりやすい説明を心がけています。
  • 小型犬や猫にも使用可能な軟性内視鏡
    【小型犬や猫にも使用可能な軟性内視鏡】
  • 先端部径5.9mmの
細径上部消化管軟性内視鏡スコープ
    【先端部径5.9mmの細径上部消化管軟性内視鏡スコープ】

小型犬や猫にも使用可能な、先端部径5.9mmの細径上部消化管軟性内視鏡スコープを導入しました。胃内異物の摘出、消化管内の病変観察・生検・腫瘍の切除、胃瘻チューブの設置などが行えます。

  • 電気手術装置
    【電気手術装置】
    外科手術を行う際に、最小限の出血で手術が完了するように、手術患部を切開・凝固するための電気手術装置。
  • 超音波スケーラー
    【超音波スケーラー】
    超音波発生装置によって起こる微細振動を利用し、注水下で歯石を剥離・粉砕します。
  • マイクロハイスピードドリルシステム
    【マイクロハイスピードドリルシステム】
    臼歯抜歯処置、整形外科分野などにおけるワイヤードライバー、マイクロモーターを必要とする様々な外科手術に対応できるマイクロハイスピードドリルシステム。
  • 除細動器
    【除細動器】
    心房細動、心室細動、心室頻拍などで血行動態が不安定な場合に使用します。
  • 光線温熱治療器
    【光線温熱治療器】
    近赤外線の高出力パルス照射が可能な高性能光線治療器は、がん治療、疼痛の軽減、口内炎治療などに効果があります。
  • 動物用多項目自動血球計数装置
    【動物用多項目自動血球計数装置】
    血液の血球成分を調べる血球計算検査機器で、赤血球、白血球、血小板などを測定します。
  • 動物用生化学自動分析装置
    【動物用生化学自動分析装置】
    ドライケミストリーによる生化学検査システムで、血液中の酵素類、一般化学成分、免疫成分などを測定します。
  • 高圧蒸気滅菌装置
    【高圧蒸気滅菌装置】
    高圧の蒸気により医療器具等を滅菌します。
  • 自動分包機
    【自動分包機】
    薬剤(錠剤、粉剤)を服用する回数や種類によって正確に分包します。
  • 動物用多機能心電計
    【動物用多機能心電計】
    心臓の電気生理学的活動を記録し、不整脈などを検出・解析します。心疾患のスクリーニング検査、手術前検査、健康診断時に使用します。
  • ホルター心電図
    【ホルター心電図】
    心電図を連続して記録し、解析する検査を行います。不整脈などの一過性に出現する心電現象の検出し、記録することができます。
  • パルスオキシメータ
    【パルスオキシメータ】
    動脈血の酸素飽和度、脈拍数などを測定し、主に酸素化能力をみるために使用します。
  • 加温器
    【加温器】
    輸液投与時の低体温症を防ぎます。
  • 血圧計
    【血圧計】
    動物用自動血圧測定計。血圧の管理に使用します。
  • 眼圧計
    【眼圧計】
    点眼麻酔不要のソフト接触式の眼圧測定計。通常眼科検査、緑内障などの眼圧管理時に使用します。
  • スリットランプ(細隙灯生体顕微鏡)
    【スリットランプ(細隙灯生体顕微鏡)】
    焦点を前後することで、角膜、虹彩、水晶体を観察します。角膜の断面、前房、水晶体の断面像を観察し、病変部の深さや位置を確認します。
  • 眼底カメラ
    【眼底カメラ】
    デジタル式の無散瞳眼底カメラ。視神経や網膜に走っている血管の状態を調べる検査に使用します。
  • 眼科用照明器
    【眼科用照明器】
    比色対光反射を利用した簡易検査で、視覚異常の原因が網膜疾患か視神経疾患かを鑑別するために使用します。
  • 動物生体情報モニタ
    【動物生体情報モニタ】
    手術中の心電図や各種測定値(呼気終末二酸化炭素分圧、動脈血酸素飽和度、非観血血圧、観血血圧、吸気酸素濃度、麻酔ガス濃度、体温、換気量)を看視します。
  • 手術用顕微鏡
    【手術用顕微鏡】
    肉眼的に操作が困難な微細な血管や尿管などに対して精密な手術を可能にします。

ガルシア動物病院

〒135-0053
東京都江東区辰巳2-1-56

TEL 03-5534-0306

(診療時間内)

●診療時間

午前 : 9時 ~ 12時
受付時間:
再診の方は11時30分まで 
初診の方は11時まで

午後 : 5時 ~ 8時
受付時間:
再診の方は7時30分まで 
初診の方は7時まで

●診療対象動物

犬、猫