▲TOPへ戻る

よくあるご質問

診療時間・受付時間・休診日などについて

Q 診療時間は何時から何時までですか?

A 午前診療は9時から12時まで、午後診療は5時から8時までとなっております。

Q 診療の受付時間は何時までですか?

A 再診の方の午前診療の最終受付11時30分まで、午後診療の最終受付7時30分までとなっております。
初診の方の午前診療の最終受付11時00分まで、午後診療の最終受付7時00分までとなっております。
なお、お薬やごはんの受け取り、ホテルのお預かり・お返しなどは、午前が9時から12時まで、午後が5時から8時までとなります。
お昼の手術や詳細検査、午後診療後の入院処置・管理などへの影響を避けるための対応ですので、ご理解とご協力をお願いいたします。

Q 混む時間帯は何時頃ですか?

A 午前診療、午後診療ともに、受付終了前は特に混み合います。状況によっては、待ち時間が1~2時間になることもあります。
質の高い医療を提供するためには、一人一人に時間をかけてお話する必要があります。なるべくお待たせしないように最大限努力をしておりますが、待ち時間が長く、ご迷惑をおかけする場合も多々あるとは思います。今後更なるサービスの向上に努めてまいりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

Q 受付時間を過ぎた場合の診療(時間外診療)はしていますか?

A お昼の手術・詳細検査、午後診療後の入院処置・管理への影響を避けるため、時間外での診療は基本的にはご遠慮いただいています。
ただし、緊急を要する状況の場合にのみ、時間外診療費が追加費用としてかかりますが、診療をお受けすることがあります。

Q 休診日はいつですか?

A 水曜全日休診日曜・祝日午後休診(午前診療のみ)となっております。
当院は学会やセミナーなどに積極的に参加しておりますので、臨時休診があります。
動物医療の最新情報を飼い主様へ提供し、医療の質の向上をはかっております。ご迷惑をおかけすることもあるとは思いますが、ご理解いただけたらと思います。

Q 電話がつながる時間帯は何時ですか?

A お電話での対応ができるのは、診療時間内となります。
平日9時から1217時から20日曜・祝日9時から12までとなります。
12時から17時は手術や詳細検査の時間となりますので、お電話は不通となります。
ご理解の程よろしくお願いいたします。

ごはん・お薬について

Q 定期的にお薬を処方してもらっていますが、事前に電話連絡した方がよいでしょうか?

A お電話によって事前連絡していただけますと、スムーズな受け渡しができ、お待たせすることが少なくなります。
お薬の種類によっては、準備ができるまでに時間がかかり、お待たせしてしまう場合があります。ご協力の程よろしくお願いいたします。

ホテルのご利用について

詳しくはペットホテルへ

Q ホテルを利用する際に、何か事前にしておくことはありますか?

A 当院のホテルをご利用するにあたって、予防系の実施をお願いしております。
① 毎年、狂犬病ワクチン(犬のみ)を接種している
② 毎年、混合ワクチンを接種している、あるいは、抗体価検査を実施し有効な抗体価を維持していることを確認している
③ 毎月、ノミ・ダニ・フィラリア予防を行っている(予防期間内)
ホテルご利用予定日までに予防系が済んでいることをご確認ください。

Q ホテルに預ける時、時間はいつでも大丈夫でしょうか?

A 休診時間(12時から17時まで)のお預かり・お返しはできません。診察時間内でのお預かり・お返しをお願いしております。

Q ホテル利用の最終日(お返し日)が休診日のときはどうなりますか?

A 休診日のお返しはできません。休診日前日のお返しか、1泊延長でのお返しとなります。

Q ホテル予約がいっぱいになることはありますか?

A ホテルのご利用は予約制となっています。一頭一頭のホテル管理の質を高めるため、日ごとの預かり頭数の制限をしています。そのため、日によっては予約がとれないことがあります。ご希望の際は、お早めのご予約をお願いいたします。

Q 分離不安の子ですが、ホテルに預けることはできますか?

A 分離不安症など、ホテル預かりに適さない子に関しては、ストレス性の体調不良を引き起こす可能性が高いため、預かりをお断りする場合があります。もし心配な方は、ホテル予定日前に、試しに半日もしくは1泊だけ預けてみて、どの程度の分離不安なのか、ストレスのかかり具合などをみてから預けるかどうか判断していただいております。

ポイントカードについて

Q 病院オリジナルのポイント制度があるようですが、どういう仕組みですか?

A ポイントは、100円につき1ポイントたまります。ワクチン接種やフィラリア・ノミ・マダニ薬などの予防処置、フード購入、ホテル利用などでポイントが付与されます(動物保険の関係上、医療処置や予防以外のお薬ではポイント付与することができなくなっております)。初診来院時の記入用紙に「病院からのお知らせを希望する」とされている方は、年に2から3回ほどお知らせハガキがご自宅に届きます。ハガキに特別ポイントが付与されていますので、来院時にハガキをお持ちいただくとさらにポイントがたまり、お得にご利用いただけます。たまったポイントは、1ポイント1円で、同じく予防処置・フード購入・ホテル利用などでお使いいただけます。有効期限は、最終ポイント追加日より2年間です。初診時に診察券兼ポイントカードとして発行しますが、その後、紛失された際には診察券再発行料200円がかかりますので、無くさないようお願いいたします。ポイントを使用する際は、受付時など会計の前にお伝えいただけるとスムーズに会計処理ができます。
ポイントサービスのご案内

手術について

Q 避妊・去勢手術を行いたいのですが、すぐに手術できますか?

A 手術はすべて予約制となっております(緊急手術は除く)。
当院は、手術・麻酔管理の質を上げるため、基本的に一日一手術とし、集中管理をするようにしています。
手術をご希望の際には、お早目のご予約をお願いいたします。

Q 無麻酔での歯石除去はしていますか?

A 全身麻酔下での歯科処置はしていますが、無麻酔での歯科処置は一切しておりません。アメリカ獣医歯科学会や日本小動物歯科研究会において、無麻酔での歯石除去は不適切な処置であり、危険な方法であると注意喚起しています(詳しくはアメリカ獣医歯科学会や日本小動物歯科研究会のホームページを参照ください)。動物の歯科学をしっかり学んでいる方であれば、無麻酔下での歯科処置をすすめることはありませんので、もし無麻酔下での歯石除去をすすめられたとしても、しないほうがよいと思います。

検査について

Q 糞便検査を希望する場合、糞便を持参したほうがよいでしょうか?

A 糞便検査では色、形、臭いなども重要な情報なので、検査のためになるべく持参していただいています。便が出ず、持参できなかった時は、採便棒で採取し、検査を行いますが、少量しか取れないため、検査内容が限定的になります。

診察について

Q 聞きたいこと、症状などをメモして渡してよいでしょうか?

A 病院に行くと緊張してついつい聞き忘れてしまうことがあります。事前に、聞いておきたいことをメモしてから来院されると聞き忘れを防げますし、症状などをメモしてまとめて伝えることは、診断精度を上げることにもつながるため、メモの提出はよい方法だと思います。

入院について

Q 入院中、毎日お見舞いに行くことは可能でしょうか?

A 毎日お見舞いに行くと迷惑でないかと心配される方がいらっしゃいますが、そんなことはありません。熱心な方で、とても大切にされているのだと好感を持ちます。午前診察の間と、午後診察の間と、1日2回面会される方も多いです。

ガルシア動物病院

〒135-0053
東京都江東区辰巳2-1-56

TEL 03-5534-0306

(診療時間内)

●診療時間

午前 : 9時 ~ 12時
受付時間:
再診の方は11時30分まで 
初診の方は11時まで

午後 : 5時 ~ 8時
受付時間:
再診の方は7時30分まで 
初診の方は7時まで

●診療対象動物

犬、猫